ピンクゼリーが失敗してしまう原因は?

MENU

ピンクゼリーが失敗してしまう原因は?

ピンクゼリーが失敗してしまう原因は?夫婦

ピンクゼリーをせっかく使ったのに子供を授かることが出来ない…。
或いは、女の子ではなく男の子が生まれてきてしまう…。
そんな結果になってしまっては、悲しいですよね。

 

そこで、PinkJellyを使っても失敗してしまう原因は一体何なのでしょうか。
ここでは、PinkJellyの失敗の原因と注意点についてお話していきたいと思います。

 

PinkJellyで失敗してしまう原因とは?

PinkJellyの使い方が把握できていない

PinkJellyはただそれを注入して行為を行えばOK、というものではなく色々と使う上で意識するべき点があるものです。

 

例えば注入してすぐに行為を始めるのではなく、5分ほど置いてから始める…など、そうした順序を守らないと、失敗しやすくなってしまいます。

 

排卵日を把握しきれていない

自分の排卵日についてを把握した上で使う…これがPinkJellyでの産み分け成功のポイントです。
何度も失敗してしまっている…という人は、排卵日の把握に誤りがあることが原因かもしれません。

 

今一度排卵日を調べなおしてみましょう。

 

夫の協力も大切です!

PinkJellyを使用した場合は、正しい方法による性交をすることが成功のカギとなります。
正しい性交をするためには、パートナーである夫の協力も必要不可欠です。
夫の協力や配慮がなければ、それも失敗を招く原因となってしまうでしょう。
事前に産み分けや自分の考えについて話し合っておくと、色々な物事がスムーズに進みやすくなります。

 

PinkJellyを使用する時に気をつけたいポイントとは?

まずは自分の排卵日を正確に知ろう

PinkJellyを使用するベストなタイミングは排卵日の2日前くらいだと言われています。
このベストなタイミングを狙うには、自分の排卵日を正確に知っておかなければなりません。
まずは基礎体温を測り、排卵のタイミングをきちんと掴みましょう。

 

産み分けゼリーの仕組みを理解しておこう

PinkJellyは膣内を酸性にするというもの。
女の子を産むために必要なX精子は、アルカリ性の環境に非常に弱いとされているのです。

 

つまり、膣内を酸性に保つことでX精子を生かしやすい環境を作り、女の子を産みやすくする…というのが、PinkJellyの仕組みであるわけです。
PinkJellyを注入してから暫く時間をおくのも、膣内を酸性にしてから射精が行えるようにするためというわけなのです。

 

あまりオーガニズムを感じないようにすることも大切

女性はオーガニズムを感じた時に膣内でアルカリ性の分泌液を出してしまうと言われています。

 

つまり、感じればそれだけ膣内はアルカリ性になり、X精子の居づらい環境になってしまうのです。
女の子を産みたい場合には、オーガニズムを感じない行為を意識した方がいいかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
PinkJellyやピンクゼリーなどを使用して行く上では、排卵やゼリー自体の仕組みなどをあらかじめ頭に入れておくのが大切なんですね。
使用方法などは個々の商品によって違いがありますので、それもしっかりと把握しておきましょう♪