ピンクゼリー以外にも産み分け方法があるの?

MENU

ピンクゼリー以外にも産み分け方法があるの?

ピンクゼリー以外の産み分け方法

子供は女の子がほしい…後継ぎの問題があるから男の子が欲しい…。

 

そそれぞれの家庭の事情などによって、子供を産み分けしたいと願う夫婦は少なくないでしょう。
そこで、手軽に男の子や女の子を産み分けることができる方法はあるのでしょうか。

 

ここでは、それぞれ産み分ける場合の方法について、詳しくご紹介していきたいと思います。

 

女の子がほしい時の産み分け方法

まず、性行為を行うタイミングですが、排卵日の2日前くらいがベストと言われています。
その理由は、膣の中に精子が滞在する時間を出来るだけ長くするためです。

 

また、女の子を産むためには膣の中が酸性になっていた方が良いとされています。

 

これは、女の子を産むのに必要なX精子に適した環境であるためです。
そのため、性行為をする前にお酢を水で薄めたものを使って膣内洗浄を行いましょう。

 

この時の割合はお酢小さじ1杯に対してぬるま湯1合がベストです。
更に、行為中にはあまり女性側がオーガニズムを感じないようにします。

 

女性側がオーガニズムを感じると、膣内がアルカリ性に傾きやすいためです。
そして、射精を行う際には出来るだけ浅い位置を意識しましょう。

 

男の子がほしい時の産み分け方法

男の子がほしい場合には、排卵日当日に性行為を行うようにします。
また、男性側は5日から1週間程度の禁欲をするのがベストと言われています。

 

男の子の場合は女の子とは反対に、膣内がアルカリ性である方が良いとされています。
そのため、性行為を行う前に膣の中をアルカリ性にしておきましょう。
そのためには、重曹を水で薄めたもので膣内を洗浄すればOKです。

 

この時の割合についてですが、重曹小さじ山盛り1杯に対してぬるま湯を1合で良いでしょう。

 

上記で説明したように、女性はオーガニズムを感じることで膣の中がアルカリ性になります。

 

男の子が欲しい場合はオーガニズムを感じれば感じるほど良いので、興奮するような行為を心がけると良いでしょう。
また、射精の時は深いところで行うのが良いとされています。

 

このようになことを意識することで男の子と女の子の産み分けをすることができるとされています。
ハローベビーゼリーなら、女の子と男の子の産み分けそれぞれに対応したゼリーがあり、尚且つ手軽に産み分けの準備をすることができるため、非常に便利です。
男女の産み分けを考えている人は、一度試してみると良いかもしれないですよ。